クレジットカードおすすめ比較ランキング2017年

アコムマスターカード アコムマスターカード アコムマスターカード:年会費無料クレジットカードで、アルバイト・主婦で審査通過可能なカードとは? 詳細を見る>>
三井住友VISAカード 三井住友VISAカード 三井住友VISAカード、インターネット申込み限定で初年度年会費無料!!そして最短3営業日発行可能! 詳細を見る>>
ダイナースカード ダイナースクラブカード ダイナースカードの審査基準とお得なサービス ~ゴールドカードを超えるステータスをぜひ! 詳細を見る>>
VIASOカード VIASOカード 年会費無料!最短翌営業日発行!ポイント高還元カードで海外旅行傷害保険付きで年会費無料は非常にお得! 詳細を見る>>
MUFGプラチナアメックス MUFGプラチナアメックス MUFGプラチナアメックスカード:プラチナカードで直に申し込める!最も審査通過可能なカード。 詳細を見る>>
dカード GOLD ドコモ利用者のためのゴールドカード。ケータイ料金ならポイント10%!最大10万円の補償付き。 詳細を見る>>





おいしいところだけ

クレジットカードには「おいしい部分」が準備されています。その部分を見せることで信販会社に都合がいい別のサービスを使わせようとしているのです。もちろんおいしいところだけ使われては信販会社としても割が合わないので、できるだけ信販会社が使ってほしいサービスを表に出して便利さを強調します。

しかし、利用者側も信販会社の意図に乗せられてばかりでは損をしてしまいます。できるだけ信販会社の手のひらで踊らされずに、都合のいいところだけ「食い逃げ」するのがベストの手段です

信販会社は、クレジットカードにいろいろな「罠」を仕掛けています。食い逃げ防止の罠です。しかし、これに引っかからないように、いかにして「食い逃げる」かが、効率のいいクレジットカードの使い方のコツです。

決済は一つのカードに固める

クレジットカードを利用する最大のメリットはポイントだと言われています。キャッシュバックベースの還元率が1%を超えるクレジットカードは、高還元率カードと呼ばれています。しかし、高還元率の裏には多くの罠が仕掛けられているので注意が必要です。

高還元率か否かは別として、クレジットカートのポイントを目的とするのであれば、決済を一つのカードに集中させることが鉄則です。老舗の信販会社に多いのですが、利用額が多いと翌年のポイント還元率が上がることが多いのです。また、高還元率カードの中には一定以上の交換をしないと高還元率にならない場合もあります。

決済をまとめることで利用額が増加します。どの業界でも同じですが「お得意様」は優遇するものです。決済を集中化させて「お得意様」になることについては問題が生じることはありません。ただし、もっと割のいいカードがあれば乗り換えも必要でしょう。

決済を一つのカードに固めることは、ポイントだけではなく支払予定を立てる場合にも便利です。クレジットカードを利用したら代金支払が必要です。支払遅延は信用情報機関に登録されるので絶対に避けるべきです。一つのカードに集中させることで、支払日や支払金額を間違えるミスを最低限に留めることができます。

リボもキャッシングも絶対使わない

信販会社が高還元率カードを発行する原資は利息収入です。その利息収入はリボ払いやキャッシングサービスを利用することで得られます。言い方を変えれば、リボやキャッシングを使った人が高還元率カードのキャッシュバックを提供しているわけです。どちらの立場に立った方が賢い選択かは言うまでないでしょう。

信販会社が加盟店から得られる収入は利用額の5%程度と言われます。大手量販店であればもっと低いでしょう。ここから1%程度の還元をしていたら経営が成立しないことはちょっと考えていただければわかると思います。

そのため、信販会社はリボ払いを盛んに勧めているのです。リボ払い専用カードは年会費無料の上にポイント還元率も高く設定されているのは、それ以上の収入が得られるためです。年会費も上乗せポイントも「エサ」なのです。

つまり、リボ払いもキャッシングサービスも利用してはいけないのです。欲しいものはお金ができてから買うべきですし、キャッシングサービスを使わずに済むように日ごろから貯金を心がけるべきなのです。

大きな買い物は締日の翌日

買い物はお金ができてからという話をしましたが、クレジットカードのメリットは手数料なしで1か月から2カ月程度の支払猶予ができることも挙げることができます。とかく、ポイントに目が向きがちですが、もっと大きなメリットがあるのです。

景気が回復したので、ボーナスをもらえる人も増えているでしょう。ボーナスをあてにして買い物をする人もいるでしょうが、この場合ボーナス後に到来する支払日に対応する計算期間に買い物をすれば、ボーナス前に買い物をすることができます。

大きな買い物をする際のコツとして、締日の翌日に買い物をすることが挙げられます。こうすることで買い物をした日から支払日までを最大限に伸ばすことができます。給料日などとの関係で、ベストの買い物プランを立てることができます。

キャンペーン三昧

信販会社の悩みは新規会員の減少です。少子高齢化が進む中では仕方ないのですが、同時に他の信販会社との競争激化も挙げられます。流通系企業が独自で信販会社を立ち上げ、自社の顧客からライバルに変わっているご時世なのです。

このようなご時世では、キャンペーンで顧客を引き付けることがベストの方法だと考えられます。一度クレジットカードを使い始めると、継続して使い続ける人が多いので、とにかく新規で顧客になってもらう方法を考えるわけです。

また、新規顧客を逃がさないための方策として、解約しにくい環境を作ることも大切です。定期的に発生する支払をクレジットカード払いにすると、解約の際に面倒です。定期的な利用額確保にもなりますから、この手の利用をしてくれるのは上客に属するわけです。

この手のキャンペーンはドンドン使うことが大切です。割増ポイントが付くまでに半年ほどかかることが一般的ですが、それまで待っていればいいのです。ちなみに信用情報機関には毎月の支払事績が登録されています。少額でも毎月利用して支払を遅滞なくすれば一つの実績になります。多くのカードを持っていても、利用と支払をパーフェクトにしていれば信用も上がるのです。

公共料金はキャンペーンのターゲット

公共料金は長期間の利用が見込まれる信販会社にとって一番ありがたい支払です。最近は地方税の納付をクレジットカードで可能な自治体が増加しています。信販会社としては、このような支払を自社カードでしてもらいたいために、新規顧客に対して公共料金や携帯電話の決済キャンペーンをしていることが多いです。

ただし、最近は公共料金のクレジットカード変更がWEBなどでできます。いちいち書面で提出させていた時期もあったのですが、キャンペーン目当てで頻繁に変更する人が多くなったためです。

しかし、何事もスタートか肝心です。新規にクレジットカードを作ったら、一度は公共料金などをそのカードで決済してみましょう。

新規申込キャンペーンはすべて取ろう

クレジットカードを信販会社から送ってくる際には、キャンペーン資料が多く同封されています。信販会社によっては封筒が膨れ上がっているほどですが、公共料金のキャンペーンばかりではなく、有料放送などのキャンペーンもあるのです。

また申込だけして使ってもらわないと意味がありませんから、最初に一定額以上利用したらボーナスポイントを出すキャンペーンも少なくありません。いくつものクレジットカードでキャンペーンを狙っていると、どの信販会社がどんなキャンペーンをしているかがわかるようになります。

このような新規申込キャンペーンには、リボ払いを併用することを条件としていることもありますので注意が必要です。先ほど述べたとおり、リボ払いは使うだけ自分が損をする支払の方法です。ポイント目当てで利用するようなものではありません。

「宴たけなわ」は解約のサイン

新規申込のキャンペーンはいくつかありますが、いつまでも続くわけではありません。一通りキャンペーン条件を満たし、ボーナスポイントもゲットしたら機会を見て解約することを考えましょう。早いうちに解約の方法を確認しておくといいでしょう。

もちろん、自分が使いやすいなと思ったクレジットカードは、しばらく使い続けてもいいです。何が何でも全て解約する必要はありません。しかし、新規申込時のキャンペーンをゲットしようと考えるのであれば、できるだけクレジットカードの枚数は少ない方が賢明です。

クレジットカードにも審査があります。この審査では信用情報機関で過去の履歴を見るだけではありません。クレジットカードの枚数が多く、利用限度額が年収を超えるほど発行していれば審査で落とされることもあります。シンプルイズベストでもあるのです。

キャンペーンポイント目的で申込をしたクレジットカードであれば、用がなくなったら解約をすることが大切です。この際に自分の信用情報をよくしようと思えば、少額でも利用して「キチンと支払をした」という実績を残すことも大切です。一石二鳥を狙うことも考えてみましょう。

何度でもおいしいキャンペーン

新規申込のキャンペーンは信販会社によっては一年中やっています。また、解約後に再度申込をしてもキャンペーンに参加できる場合もあります。常識的に考えればキャンペーン対象外とすべきでしょうが、そうしていない信販会社もあるのです。

また、広告代理店が運営しているポイントサイトを利用すると、サイト経由で申込をするだけで5千円かから1万円のキャッシュバックを受けることができます。この手のサイトにいくつか登録していると、同時期に同じクレジットカードが出てきます。

信販会社同士の消耗戦の様相を呈している部分もありますが、このようなキャンペーンは一度始めると終わらせることができません。終わらせるどころか、競合他社との差別化を図るためには「より充実」させる必要もあるのです。

複数のポイントサイトを使えば一枚で何度もおいしい

広告代理店が運営しているポイントサイトでクレジットカードを申し込むと、キャッシュバックがもらえます。同じサイトで2回申し込みをしても2回目以降のキャッシュバックはありませんが、他のサイトであれば同じカードでもキャッシュバックがもらえるケースがあります。

このようなサイトを調べておき、いくつか登録することで1枚のカードで何度でもおいしい思いをすることができます。キャッシュバックの金額も案外多いので、継続してお小遣い稼ぎができます。

このようなことができるサイトとできないサイトがあるので、申込をする前にしっかり確認する必要があります。また、一度に何枚ものクレジットカードを申し込むとカード詐欺ではないかと怪しまれることがあります。一般的に「申込ブラック」と呼ばれる現象ですが、今までクレジットカードの申込で断られた経験がない人が断られるのです。

大体の目安ですが、最短でも2週間に1枚程度の申込にした方がいいでしょう。こうすることで、特に信販会社の審査プログラムでエラーを出されることなく、申込を続けることができます。

キャラクターカードは何度でもおいしい

クレジットカードの中には、新鮮さと話題性を出すためにキャラクターカードを発行することがあります。カード自体の内容は全く同じでも、キャラクターが付いただけで別のカードになるのです。

ポイントサイトを使うかどうかは別として、新規に企画したカードはキャンペーンも過激なことが多いので狙い目です。キャラクターによっては限定グッズが付いていることもあり、ひょっとしたら後日プレミアムが付くかもしれません。捨てずに残しておいた方がいいかもしれません。

一つのカードで1回のキャンペーンしか利用できないとしても、この手のキャラクターカードであればもう一度参加できる場合が多いです。信販会社も発行枚数が欲しいので、うるさいことを言っている余裕はないのです。

キャラクターによっては年会費を最初から徴収するような「強気」のカードもあります。大抵初年度年会費無利用となっていることが多いのですが、年会費だけは注意が必要です。プレミアムブランドのカードの中には、キャッシュバック以上の年会費を設定していることがあります。

凝りすぎカードは営業が焦っている

キャラクターカードの中には、キャラクター自体の宣伝を目的としていることも少なくありません。ファン層からの要望によるものもあるようです。しかし、中にはキャラクターをちょっと変えただけの「新ブランド」や企画の意味が分からないような新カードもあります。

これらのカードは信販会社の営業担当部門が、発行枚数を伸ばしたいために無理やり作り出した可能性が高いです。特にキャラクターカードの場合は版元との契約で一定以上の発行を約束している場合があります。計画未達は営業上不利になることもあり、現場はかなりのプレッシャーに襲われます。

キャラクターカードに限りませんが、名前だけの「新規カード」は何か理由があります。それがリボ払い専用カードであったり、キャラクターの発行枚数を増やしたいだったりするのですが、営業担当が焦っていることは間違いありません。そして、そのようなカードは「おいしい」キャンペーンが満載のことが多いのです。





このページの先頭へ