三井住友VISAカード

三井住友VISAカード
  • 初年度年会費無料!
  • 高度セキュリティと補償で安心できる
  • visa
  • 専業主婦OK パートOK 学生OK 収入証明書不要
三井住友VISAカード

さらにさらに、現在初年度年会費無料!

    三井住友VISAカードの年会費は、
  • クラシックカード :税抜 \1,250+税
  • クラシックカードA:税抜 \1,500+税
  • ですが、「マイ・ペイすリボ」加入&クレジットカード買い物利用だけで、次年度以降も年会費無料です!(インターネット申し込み限定!)
かなり低いハードルですので、とりあえず、 あの有名ブランドの【三井住友VISAカード】を持ちたい!という方に是非今の時期の入会をお勧めします。
三井住友VISAカード 申し込み

三井住友VISAカードの審査基準

    信頼の一枚として有名な三井住友VISAカードですが、 クラシックカード(ノーマルカード)であれば審査基準はそれほど高くありません。

    年齢:満18歳以上の方(高校生は不可。未成年は親権者の同意が必須)
    上記のような審査基準で、特に年収制限もありませんし、大学生以上であれば、学生&未成年でも発行可能です! ただ初めてのクレジットカードであったり、審査にちょっと不安がある 25歳以下の方なら、三井住友VISAデビュープラスカードがお勧めです。

    審査基準も、満18歳~25歳までの方(※高校生は除く)と、初めてクレジットカードを持つ方に合わせたスペックのエントリー向けクレジットカードです。
    ⇒ 三井住友VISAデビュープラスカード

    また三井住友ゴールドカードの審査基準に興味のある方は、以下のページでご確認ください。
    ⇒ 三井住友VISAゴールドカード審査基準

クラシックカードとクラシックカードAって何が違うの?

    2種類あって分りづらいですが、旅行保険の適用範囲や保障額が異なるだけです。
  • クラシックカード:最高2,000万円 の海外旅行傷害保険 (旅費などは、クラシックカードで支払いの必要有り)
  • クラシックカードA:海外最高2,500万円 / 国内最高2,000万円 の旅行傷害保険 (旅費などは、クラシックカードで支払いの必要有り)
クラシックカードAだと補償額が最高 2,500万円 にあがり、また国内の旅行傷害保険も適用になります。旅行が多い方でカード決算される方ならクラシックカードAがお勧めです。

万が一ということもありますし、年会費 は上記の方法で次年度以降も無料にできるので、個人的にはクラシックカードAをお勧めします。
三井住友VISAカード 申し込み

セキュリティも万全!写真入りICクレジットカード

    三井住友VISAカードは、 写真入りICクレジットカードも選択可能です(MasterCardは不可)。
    写真が入ることにより、カードの盗難や不正使用を未然に防げ、安心して利用することが可能です。

その他盛りだくさんなサービス内容

  • ショッピング補償:年間100万円までのお買物安心保険
  • ポイントサービス:1,000円利用で1ポイント(マイルへの移行も可能)
  • 対応電子マネー:iD、WAON、PiTaPa
三井住友カードiDは・・・
自動チャージで便利な電子マネーです。利用時のサインも不要!iD利用合計1,000円(含む消費税など)でポイントが貯まります。自動販売機やコンビニでも小銭いらずでスマートです。

三井住友VISAカード


このページの先頭へ